ダブルワークメリット

柔軟な働き方を実現する為に、日本政府が企業に対して
様々な方針を掲げている
「働き方改革」

「働き方改革」によりダブルワークに関する
規程が緩和して、本業で働く人にとって
注目を集めております。

【労働者側のデメリット】
1、人生においての労働時間が長くなる為に、自分自身の健康管理が
 難しくなる
 本業の勤務時間以外の時間をダブルワークの時間に充てるように
 なるので、人生においての労働時間が長くなってしまい
 体調管理が出来ない方や元々身体が丈夫でない方は
 体調を崩す可能性があります。
 また、人生においてある程度の休息は必要ですので、ダブルワークを
 する事で、自分自身の時間が無くなり、体力的にも精神的にも
 管理するのが難しくなってしまいます。

2、税金関係でトラブルにならない様に注意が必要です
 ダブルワークをする事は、収入が増えるということで
 個人の財産や税金の関係が複雑になるという事になります。
 ダブルワークを始める前には、自分の本業の就業規則などを
 確認して、本業先とトラブルにならない様に注意する事が
 大切です。


【企業側のデメリット】
1、情報漏洩の可能性がある為に、秘密保持義務に注意が必要です
 ダブルワークで様々な業種の企業に関わる事になれば
 社員から情報漏洩の危険性が非常に高くなります。
 会社の機密情報を競合他社無償で渡してしまうことになりかねないので
 社員との秘密保持契約などを結んでおく必要があります。

2、ダブルワークの仕事先で事故に遭った時に不利になる可能性があります
 社員がダブルワークの仕事先で事故にあった場合に、労災の認定が本業と
 副業のどちらにあるのか?
 原因を突き止めないとならないです。
 もし、企業側に原因があると判断されましたら
 労災の責任を負ってしまう可能性があります。

3E2D2DD5-C427-4823-8208-0C7E19C66ED3.jpeg